FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問を解き散らかさないことが大切!

 こんにちは! スタディ・ラボの冴本(さえもと)です

 夏も本番ですね 暑中お見舞い申し上げます

 連日の猛暑にややバテ気味ですが、気合いを入れて授業を行っております。

 子どもたちにとってはもうすぐ楽しい夏休みですが、6年生は、そして保護者の方はそうも言っていられません。夏の期間はこれまでにない特別の意味を持ちます。塾に通っている子は長い夏期講習の過ごし方が、そうではない子にとってもこの夏の学習効果如何が夢の実現を大きく左右します。言い古された言葉ですがまさに、「夏は受験生の天王山」だといえましょう。見事合格を勝ち得て、来年の夏休みにこそ、思い切って弾けていただきたいと願っております。

 さて、日頃の国語学習に加えて、この夏から本格的に志望中学の過去問題にチャレンジしてみようというお子様、させてみようというというご家庭も多いのではないかと思います。

 志望中学の過去問題の研究のみならず、過去問題は自分の国語力を試すにも、現状を知った上でこれから国語力を伸ばしていくためにもとても役立つ素材といえます。それだけに、ただ問題を解いて何点取れた、難しかった、で終わらせるような使い方はもったいない過去問の扱い方だといえましょう。

 過去問に取り組むのが初めてであれば、志望校、受験予定校の制限時間や配点、全教科の中に占める割合というデータを得ることができます。また、入試機会が1回だけなのか、数回のチャンスがあるのか、問題の形式や設問の構成という情報もこれから志望校に向けての国語学習に向けて確認しておきたい事項ですよね。

 そこで、これから過去問題に取り組むにあたって、ノートとは別に過去問題を解くごとに簡単な情報整理用のシートに、気づいたことを記入していくようにすることをおすすめします。

 シートは簡単なもので構わないのですが、普段の学びにフィードバックできるような記入欄を設けるとよいでしょう。

 参考までに、「過去問整理シート」のサンプルイメージを示しておきます。ワードファイル(編集できます)もしくはPDFファイルをご希望の方はコメント欄よりメールアドレスを記してご請求ください。ハンドルネームでも結構です。

過去問進捗管理シート(自己管理用)


 過去問題という貴重な素材を解き散らかさないで、取り組むごとに力を整えていくようなイメージで学びを深めていただきたいと思っています。

 過去問題の具体的な取り組み方については、近日中にアップしたいと思っていますので、ご質問などございましたらコメント欄よりどうぞ。

 猛暑に負けず、十分な水分補給そして睡眠をとって厳しい夏を乗り切りましょう!


中学受験/国語学習相談お待ちしております! 各種サンプルも配布しております
「プレミアム添削」のスタディ・ラボ  冴本(さえもと)
https://study-labo.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。